世界大学ランキング2020にランクインした日本の大学41校一覧

2019年7月11日

 

先日、世界大学ランキング2020が発表されました。世界の優秀な大学1002校のうち日本の大学は41校がランクイン。41校のうちトップ10は発表されましたが、11位〜41位はどの大学なのでしょうか?ランクインした41校全てを調査したので予想しながら見てみてください。

世界大学ランキング2020に入った日本の大学上位10校

  1  東京大学 (22位)
2  京都大学 (33位)
3  東京工業大学 (58位)
4  大阪大学 (71位)
5  東北大学 (82位)
6  名古屋大学 (115位)
7  北海道大学(132位)
8  九州大学 (132位)
9  早稲田大学 (196位)
10  慶應義塾大学 (200位)

※( )カッコ内は世界大学ランキングの順位

世界大学ランキング2020に入った日本の大学一覧(11位〜41位)

11 筑波大学 (270位)
12 広島大学 (334位)
13 東京医科歯科大学 (359位)
14 神戸大学 (395位)
15 千葉大学 (442位)
16 一橋大学 (448位)
17 横浜市立大学 (468位)
18 熊本大学 (531-540位)
19 長崎大学 (531-540位)
20 大阪市立大学 (551-560位)
21 岡山大学 (561-570位)
22 金沢大学 (581-590位)
23 岐阜大学 (601-650位)
24 新潟大学 (601-650位)
25 首都大学東京 (601-650位)
26 東京農工大学 (601-650位)
27 鹿児島大学 (651-700位)
28 大阪府立大学 (651-700位)
29 山口大学 (701-750位)
30 群馬大学 (751-800位)
31 信州大学 (751-800位)
32 横浜国立大学 (751-800位)
33 京都工芸繊維大学 (801-1000)
34 九州工業大学 (801-1000)
35 名古屋工業大学 (801-1000)
36 立教大学 (801-1000)
37 立命館大学 (801-1000)
38 埼玉大学 (801-1000)
39 上智大学 (801-1000)
40 東海大学 (801-1000)
41 東京理科大 (801-1000)

※( )カッコ内は世界大学ランキングの順位

世界大学ランキング2020 国別ランキング上位20カ国

1 アメリカ (156校)
2 イギリス (84校)
3 ドイツ (46校)
4 中国 (42校)
5 日本 (41校)
6 オーストラリア (38校)
7 イタリア (34校)
8 フランス (31校)
9 韓国 (30校)
10 スペイン (27校)
11 カナダ (26校)
12 ロシア (25校)
13 マレーシア ・ ブラジル (19校)
15 インド (18校)
16 ポーランド ・ 台湾 (16校)
18 アルゼンチン ・ メキシコ (13校)
20 カザフスタン ・ チリ (10校)

圧倒的な数のアメリカ!2位のイギリスのほぼ2倍。3位からいきなり数が減っているので、アメリカ・イギリスだけで全体の1/4近くを占めている事になりますね。
中国・インドは人口の割にはちょっと少ないかなという印象でしょうか。各国がこのランキングをどれだけ重視しているのかは知りませんが、人口が多い国が未来を担う若者たちにどのような教育を与えて育てていくのか気になるところですね。
そして、注目が台湾。小さな国の大学が16校もランクインしています。これからも伸びるのではと予想しています。

世界大学ランキングではどうやってランキングを決めているのか?

引用https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000020963.html

画像に「学術への評判」とありますが、満点を獲得した大学はマサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学など8校あったそうです。
なんと、東大もその8校の1つで、アジアでは東大1校のみ。(拍手)

ですが、残念ながら国際化のスコアが低く評価されています。さらに残念なのが国際性が劣っているのは東大だけではなく日本の大学共通の問題点であるということ。

今回の世界大学ランキング2020にランクインした1002校という大学で学んでいる留学生の割合は12.27%(8人に1人)ですが、日本の大学41校の留学生の割合は7.79%(13人に1人)。

政府が推進する「留学生30万人計画」は順調に進んでいるということですが、世界に比べるとまだまだ遅れていて国際化のスピードというのは私達が想像しているよりもずっと速いようです。

まとめ

1位のマサチューセッツ工科大学は8年連続世界1位という新記録を樹立。
日本に関しては、東大・京大ともに4年連続で順位を上げているものの41校のうち24校が順位を下げた。
留学生の数は10年前に比べてだいぶ増加したけれども世界と比較するとまだまだ遅れている。