海外セレブのキムカーダシアンはなんで代理母出産を選んだの?理由を調べてみた

2019年6月18日

第4子の男の子が産まれたキムカーダシアン。おめでたいですね。でも、気になってる人もいるはず。「1、2人目は自分で産んだのに、3、4人目はどうして代理母出産なの?」

どんな理由があったのかを調べてみました。

代理母出産を決めた理由は?スタイルを保つ為?

キムカーダシアンの名前を聞いた事がある程度にしか彼女を知らない人は、

「ファッショニスタだからスタイルを保つ為に代理母出産を選んだんじゃないの?」

と思うんじゃないでしょうか。

でも、キムカーダシアンは1、2人目を自分で出産しています。

ところが、2人目の出産時にトラブルが起こりました。

その時すぐ側で処置の状況を目にしていたキムの母は見ていられなくてショックのあまり倒れそうだったとか…。

そのトラブルというのが

癒着胎盤

実は1人目で既に発症していたのに2人目を出産。その時に医者にもう妊娠しないようにとドクターストップになったとか。

癒着胎盤って何?どんな症状なの?

癒着胎盤とは、普通は出産後役目を果たした胎盤や脱落膜がなかなか剥がれず、処置としては医者が直接子宮に手を入れて剥がすのだそう。

その時に生じる痛みがかなり酷いらしいです。痛みだけならまだしも、無理矢理剥がすもんだから出欠多量になる可能性が高く、命に危険が及びかねない状態です。

どうしても出血が止まらない場合は、子宮摘出もありえるとあったのでとても深刻だというのがわかりますよね。

なぜ癒着胎盤になるかというと、原因は脱落膜が薄い為だとか。

わかりやすく説明すると、赤ちゃんを育てる為の胎盤は脱落膜にギュッと掴まっている状態なのですが、その脱落膜が薄いせいで膜を通り越して子宮の壁までギュッと掴むという感じです。

脱落膜を厚くする方法があるか調べましたが、ズバリこの方法!ってゆうのは探せませんでした。

妊娠している方や妊活している方は心配になると思いますが、個人差がある症状なので無駄に心配しないでしっかりお医者さんの助言を聞き、安全第一で過ごして下さい。

代理母出産を選んだ理由はわかたけど、2人目で終わればよかったんじゃないの?

キムカーダシアンは前々から子供は4人と願っていたようです。

だから、4人目が産まれたので代理母出産ももう無いらしいです。

因みに第3子の時に代理母に支払った金額は約500万円。

今回は別の代理母らしいですが、金額まではわかりませんでした。

それにしても、無事産まれてよかったですね。

もう少ししたら、子沢山一家の微笑ましい家族写真がみれるかも。

楽しみですね。

まとめ

キムカーダシアンは、楽して子供が欲しいとかスタイルを維持したいからとかじゃなくて

泣く泣く代理母出産を選んだ。

お騒がせセレブとか言われてるけど、そうでもないんじゃないかもと思いました。