西武 山川穂高選手のプロフィールや経歴そして2019年の年俸は?

2019年6月30日

大活躍中の西部ライオンズ、山川穂高選手のプロフィールや経歴、そして気になる年俸はいったいいくらなのかを調べてみました。

西武 山川穂高選手のプロフィール

 出身地 沖縄県那覇市

 出身校 中部商業高校(沖縄県) → 富士大学(岩手県) → 埼玉西武ライオンズ (2014 – )

 生年月日 1991年11月23日
 身長体重  176 cm 108 kg
 投球・打席 右投右打

 ポジション 一塁手
 プロ入り 2013年 ドラフト2位

ちなみに、出身高校の中部商業高校はスポーツが盛んのようで、山川選手以外にも多くのプロスポーツ選手を輩出しています。

記事元 https://www.minkou.jp/hischool/school/senior/1000/

西武 山川穂高選手はどんな経歴が?

 数々の優秀な成績を収めてきてるので、細かく書くのが大変なので主な出来事だけ取り上げますね。

高校時代 甲子園出場は逃すも高校通算27本塁打

大学時代 1年から4番バッターを務める。

     日米大学野球で豪快な左越え満塁弾。

     4年春バックスクリーン140m弾。

     右の握力は83キロ(ベストは87キロ)をマーク。

     国際大会には2年夏の日米大学野球に出場し、DH・右翼・一塁で全試合先発を経験。 
     第1戦で5回表1死満塁から、初球真ん中高め93マイル(≒150㌔)直球を左越えに打ち込み、      約9.8mのフェンスを越える豪快な打球で注目を集めた(満塁弾は日本人2人目)。

     社会人中心の日本代表にも選出され、3年冬にアジアV、4年10月に東アジアVを果たしている。
     東ア大会では香港戦で中越え2ラン、韓国戦で右中間満塁弾を放ち、チーム最多の11打点を

     挙げた。

富士大学時代の動画です。

西武 山川穂高選手の年俸はいったいいくらなの?

    では、2014年に西部に入団してからの山川選手の年俸を見てみましょう。

2014年 1200万円
2015年 1200万円
2016年 1000万円
2017年 1600万円
2018年 3240万円
2019年 1億1000万円

ここで気になるのが、2016年の1000万円ですよね。なぜ前年より下がったのか…

開幕1軍にいながらも、開幕早々の4月1日に登録抹消となったようです。

 2軍ではホームランを量産し、いつでも1軍に戻れるよう調子を整えていたようですが1軍に復活することはありませんでした。

きっとその時の逆境が今の好成績に繋がっているのでしょうね。それからは年俸も右肩上がりです。

つらい時期を乗り越え、打球もフェンスを飛び越え、今年は億プレーヤー!!

この調子で目指せ年俸2億円!